「茜色に染まる若妻 ~病室で僕の妻が寝取られた~(後編)」ついに心が折れ、夫以外の肉棒を受け入れてしまう詩織。 【あらすじ/サンプル画像/レビュー】

おすすめ 寝取られ系同人コミック

HGTラボ

「茜色に染まる若妻 ~病室で僕の妻が寝取られた~(後編)」ついに心が折れ、夫以外の肉棒を受け入れてしまう詩織。
© HGTラボ

HGTラボさんの「茜色に染まる若妻 ~病室で僕の妻が寝取られた~(後編)」をご紹介します。

あらすじ

優しく清楚な主婦、東野詩織(27)は愛する夫と幸せな新婚生活を送っていた。

そんなある日、夫が仕事中に引き起こした事故により彼女の日常は大きく変わる。
出世間近な夫は部下に事故の責任を肩代わりしてもらっていて、部下は公にしないことを条件に入院中の性処理を詩織に要求するのであった…。

夫を守りたい一心で罪悪感にさいなまれながらも体を許す詩織だが部下の巧妙な愛撫を毎日受け入れているうちに、肉体は、淫らに反応するように作り変えられてしまう……。

そして、ついに心が折れ、詩織は夫以外の肉棒を受け入れるのであった…!

引用:©HGTラボ

ページ数 57ページ
ジャンル 中出し/放尿・お漏らし/人妻・主婦/巨乳/フェラ/辱め/羞恥/クンニ/寝取り・寝取られ・NTR

サンプル画像

病室に入るなり風間に愛撫され始める詩織。
病室に入るなり風間に愛撫され始める詩織。
© HGTラボ
必死で恥ずかしさと快感に耐える。
必死で恥ずかしさと快感に耐える。
© HGTラボ
 入院最後の日についに風間の肉棒を受け入れる。
入院最後の日についに風間の肉棒を受け入れる。
© HGTラボ

レビュー

※レビューにはネタバレが含まれます。

前作「茜色に染まる若妻 ~病室で僕の妻が寝取られた~(前編)」で夫の秘密をバラさない事と引き換えにカラダを要求された詩織は引き続き入院中の風間の世話を続けることに。

風間のお見舞いの為に筑前煮を作るエプロン姿の詩織が素敵です。
日常生活がキッチリと描かれる事で、カラミパートのエロさがより際立ちますね。

病室に入るなり風間に愛撫され始める詩織。
風間の手に収まりきらないほどの大きな乳房があらわになり、同時にアソコも弄られ必死で恥ずかしさと快感に耐える。

汗や涙そして愛液などの体液がハリのある肌を沿って流れる描写がとてもリアル。詩織の感じる表情やイキ顔も気品のあるいやらしさで興奮度が高いですね。
アナル責めから、潮を噴いてイッてしまうのもシコリティが高いです。

風間の退院前日に頬を紅潮させ風間を熱い眼差しで見つめる詩織はドキッとするほどの美しさ。
気持ちが徐々に夫から離れ、風間に傾いていく詩織。入院最後の日についに風間の肉棒を受け入れる。

このカラダを前にしてここまで挿入を引き伸ばした風間も相当ガマン強いですね。

その分ラストの挿入シーンではお互いの気持ちの高まりが一気に溢れ出し、それがそのままエロ度最高潮のクライマックスへと繋がっていきます。

バックから風間に肉棒を挿入され、その後も体位を変えて思い切り突かれまくり、中出しされながら盛大にイッてしまう詩織の淫靡な熱を帯びたカラダと蕩けた表情が最高にエロい。

個人的に唯一残念だった点は、最後まで風間の表情がクールというか、無表情なままだった所。
詩織に挿入したシーンや、詩織の心を堕としたシーンで勝ち誇った喜びを表してくれればなぁと。

風間はずいぶん前から詩織に執着していたフシもあり、寝取った側の気持ちよさ(快感)を示すことで、より寝取られ的興奮が増すような気がします。

とはいえ、挿入のなかった前作に比べエロ度は大幅に上がっており、質・ボリュームとも文句なしの作品に仕上がっています。

しかも後編も57ページで220円(割引後176円)とコスパ良すぎです。

[出典/関連リンク] FANZA / DLsite / とらのあな / メロンブックス [作者情報]

FANZA関連作品