NTR系エロ同人

クルマヤ公道 「王子様系先輩の堕ちたメス顔、こっそり覗く陸上部室。」 知りたくなかった憧れの彼女の"裏の顔"。【レビュー】

利用期限:無期限
     
WEB SERVICE BY FANZA

褐色ボーイッシュ系ヒロインが魅力的な青春系エロ漫画描きクルマヤ公道さんの新作が配信開始!

憧れの王子様系アスリート女子の”淫らな裏の顔”を知ってしまった主人公が、苦悩と鬱的興奮を味わうアオハルNTR作品です。

この作者のレビュー記事一覧はこちら»

「王子様系先輩の堕ちたメス顔、こっそり覗く陸上部室。」のあらすじ

■陸上部の高瀬(たかせ)先輩はみんなの憧れだ。部内でも男女問わず人気で、下級生の女子生徒からは王子様のような扱いをうけている。かくいう僕も入部した直後に一目惚れしてしまい、ひそかに恋焦がれていた。

■今度の夏の大会は、僕の初めての県大会がかかっており放課後も遅くまで練習していた。そんなある日、練習を終え部室に戻った僕は、となりのサッカー部室でセックスをしている高瀬先輩を見てしまう。

■初めて見る先輩の女の顔と体、細い喘ぎ声。普段とは全く違う先輩に僕はひどく困惑し…ただそれを覗くことしかできない。男のモノが先輩の膣穴を擦りじゅぽじゅぽと音をたてている。

■次の日、先輩は何事もなかったかのように話しかけてきた。本当に昨日ち〇こを挿入されていた人なのか?しかし僕はそれから何度もセックスを目撃する。放課後の遅くまで残る僕だけが知っている王子様の情事。

■何度も覗くうちにのめり込んでいった僕は、遂に先輩にバレてしまうことになる。先輩は怒るでもなく、ある一つの要求をしてくるのだった…

引用:©クルマヤ公道

*キャラのタイプやプレイ内容は各販売サイトの情報を参考に、管理人が独自にタグ付けしています。

【ご購入前に】
・BSS(僕が先に好きだったのに)系や褐色、メス堕ちがお好きな方におすすめです。
・隠蔽はモザイク処理となっております。

【作品形式】
■画像サイズ
・1320×1864 (px)
■枚数
・本編:42ページ(表紙、奥付等を含む)
■ファイル形式
・jpg(PDF同梱)

「王子様系先輩の堕ちたメス顔、こっそり覗く陸上部室。」のサンプル画像

「王子様系先輩の堕ちたメス顔、こっそり覗く陸上部室。」
© クルマヤ公道
「王子様系先輩の堕ちたメス顔、こっそり覗く陸上部室。」
© クルマヤ公道
「王子様系先輩の堕ちたメス顔、こっそり覗く陸上部室。」
© クルマヤ公道
「王子様系先輩の堕ちたメス顔、こっそり覗く陸上部室。」
© クルマヤ公道
「王子様系先輩の堕ちたメス顔、こっそり覗く陸上部室。」
© クルマヤ公道

「王子様系先輩の堕ちたメス顔、こっそり覗く陸上部室。」のレビュー

憧れの王子様系アスリート女子には僕の知らない"秘密"があった!

陸上部の高瀬(たかせ)先輩が知らない男とSEXしている現場を見てしまった主人公が、苦悩と鬱的興奮を味わうシチュエーションが味わい深い。

主人公とヒロインは恋人関係ではなく、主人公の方が先に好きで、後から来た男に奪われた感じでもないので、BSS(僕が先に好きだったのに)モノかと言われると微妙なライン。あえてジャンル付けするなら「僕も好きだったのに!」と言った感じでしょうか。

陸上で鍛え上げられた健康的アスリートボディが汗に濡れ、火照ったカラダで肉欲をぶつけ合う姿がなんともエッチ❤︎憧れの女の子が他の男と激しくSEXしている事実を目の当たりにした主人公が、鬱勃起したチンポを自ら慰める惨めさも鬱屈とした性的興奮を誘う。

普段の彼女が見せる凜とした姿と、男に跨がって自分から腰を振り、膣内射精すら笑顔で受け入れ、愛おしそうにお掃除フェラで奉仕する裏の姿との違いが衝撃的!

先輩に覗きがばれてしまった主人公が、彼女の目の前でオナニーをさせられるシーンは、さすがに主人公が気の毒に思えてくるほど。一瞬彼女と”させてもらえるかも”との淡い期待は見事に打ち砕かれるものの、彼女の裸にぶっかけさせて貰えたのはせめてもの救いか・・・

そしてクライマックスは、なんと相手の男の後輩を交えた3P。2人の男とバックや座位で絡み合う姿が定点カメラ視点で描かれる。もちろん主人公はその一部始終を覗いていて、どこまでも主人公に辛い思いをさせる展開はかなりの鬱的興奮があり、「寝取られ感」を重視するM気質な読者にもかなり楽しめるでしょう。

この作者のレビュー記事一覧はこちら»

ジャンルから「寝取られ系作品」を探す
性癖にバッチリ刺さるNTR作品を探す»

FANZAセール・キャンペーン情報 [2022.12.02現在]

[出典/関連リンク] FANZA / DLsite / とらのあな / メロンブックス [作者情報] twitter / pixiv /

【FANZA関連作品】