寝取られ系同人コミック 「カラミざかり3」 からまり合った男女4人の青い季節。NTRの枠を超えた不朽の名作ここに完結!【レビュー】 桂あいり

「カラミざかり3」
© 桂あいり

「カラミざかり3」のあらすじ

夏の騒乱は、
もつれた4人の糸を容易くほどき、
断ち切っていった。

激しい流れにのまれていく。
なす術もなく日々に沈んでいく。

そして彼らは、
新しい結び目を求めていく──

からまり合った男女4人の青い季節、ここに完結。

引用:©桂あいり

ページ数 155ページ
ジャンル 寝取り・寝取られ・NTR/アナル/制服/学園もの

「カラミざかり3」のサンプル画像

夏祭りの騒動をきっかけに4人は疎遠となり、里帆と智乃は新たに出会った大学生・藤野との関係を深めていった。
夏祭りの騒動をきっかけに4人は疎遠となり、里帆と智乃は新たに出会った大学生・藤野との関係を深めていった。
© 桂あいり
山岸、吉野、里帆、智乃の4人で繰り広げられた汗と欲情にまみれた日々は過去のものに。
山岸、吉野、里帆、智乃の4人で繰り広げられた汗と欲情にまみれた日々は過去のものに。
© 桂あいり
そして4人はそれぞれの日常へと戻り…。
そして4人はそれぞれの日常へと戻り…。
© 桂あいり
新しい出会いと別れを繰り返していくー。
新しい出会いと別れを繰り返していくー。
© 桂あいり
からまり合った男女4人の青い季節、ここに完結。
からまり合った男女4人の青い季節、ここに完結。
© 桂あいり

「カラミざかり3」のレビュー

山岸、吉野、里帆、智乃の4人で繰り広げられた汗と欲情にまみれた日々。夏祭りの騒動をきっかけに4人は疎遠となり、里帆と智乃は新たに出会った大学生・藤野との関係を深めていった…。

前作までのレビュー記事一覧はこちら»

吉野や山岸とのセッ○スではそこまで感じている印象のなかった里帆と智乃が、藤野の手によって女として花開き、本気でイキ狂う姿を曝け出していくのが最高にエロい!若さと魅力に溢れたJK二人を王のように従わせ、底なしの性欲で獣のように交わり続ける一人の男と二人の女。ありとあらゆる前戯と体位で身も心もドロドロに溶け合うような、熱い3Pセッ○スで興奮度はいきなり最高潮に達し、その激しさとエロさは、吉野・山岸とのセックスが子供の遊びに思えるほど。

カラダの奥底から湧き上がる絶頂の果てで、大人しかった里帆が初めて「きもちいい・・・っ!」と声に出したシーンはゾクゾクするほどの興奮が感じられました。

しかし、3人での奇妙な愛欲の日々は長くは続かず、藤野をめぐって里帆と智乃もまたすれ違っていく事に。藤野に心惹かれていた智乃をハブり、里帆と二人で会うようになる藤野。ちゃんと付き合うのかと思いきや、藤野にそんなつもりは毛頭なく、友人・野村を交えた3Pで里帆の全てを奪っていく。

女子二人に見事に置いてきぼりを喰らった感のある男子ふたりですが、吉野の憧れの存在として1コマだけ出ていた野球部マネージャー・竹内先輩の出番があったのが嬉しかったですね。二人きりの部室で竹内先輩を口説く吉野をドキドキしながら応援してしまいました(笑。そして吉野が山岸にぽろっとこぼしたセリフがまた憎い。散々周りを振り回しておいて自分だけはちゃっかり美味しい思いをするという要領の良さと逞しさが感じられますね。

ラストに関しては人それぞれ色んな意見があるでしょう。特に里帆が最後まで本心を明かさず、ただ欲望のままに流され続けた点は、普通の感覚では理解されないかも知れません。そんな里帆を「最高」だと感じる山岸もまた異質な存在だろうとは思いますが、「寝取られる側」としてはうってつけの性癖を持った、主人公に相応しい存在だと思います。智乃は良い意味で自分に正直な、非常に好感の持てる女の子でした。山岸や里帆に対しても最後まで優しい気遣いを見せていたので、是非とも幸せになって欲しいですね。

高校生4人が熱く駆け抜けた物語は幕を閉じましたが、「寝取られ作品」の枠を超えて、名作として長く語り継がれていく事でしょう。

[出典/関連リンク] FANZA / DLsite / とらのあな / メロンブックス [作者情報] twitter / pixiv / ウェブサイト

FANZA関連作品