FANZAブックス"50%OFF"スーパーセール第1弾開催中!4/22日まで。»

寝取られ系同人誌

赤本 「オレの無口彼女が、終電逃して中年上司と1泊することにNTR」 心の中は饒舌なヒロインが絶倫上司に奪われる!

20%OFF
利用期限:無期限
880円
WEB SERVICE BY FANZA

「オレの無口彼女が、終電逃して中年上司と1泊することにNTR」のあらすじ

【オレ視点】
失敗した・・・。

今日は、会社の飲み会だった。オレには目的があった。先日、オレから告白して付き合い始めた伏見さんのことだ。

無口な彼女とは、付き合ってはいるが、会話は弾まず、身体の関係もまだだった。この飲み会で、どうにか距離を縮めたかった。だから、オレは乗り気じゃない彼女をなんとか上司の家での3次会に誘った。

同僚たちは帰っていったが、時間をかけたかいもあって、彼女との距離は縮まった。楽しかった。いつの間にか、終電は過ぎていた。オレは酔いつぶれてしまった。

もう起きれない・・・。

しまった・・・。無口でうぶな彼女を・・あの中年上司と2人にさせてしまったのだ・・・・。あの・・・あの上司と・・・。・・・ただ・・君にオレの隣で笑って欲しかっただけなのに・・・・。

【伏見さん視点】
ウチは、困っていた・・・。

先日付き合い始めた内田くんに勧められて、3次会にきたのだが、内田くんはつぶれてしまった。

さきほどまでの内田くんとの会話は楽しかった(と言っても喋っているのは、主に内田くんだが)。ウチは男性とのお付き合いの経験に乏しく、会話ですら、ちょっと怖かったのだ。だから、今日は少しでも近づければいいと思っていた。思った通り近付けた。嬉しかった。・・・。

けど、内田くんは酔いつぶれてしまった。今、起きているのは、ウチとこの家の家主。この上司。・・・さっきからずっと下半身丸出しで、ウチの隣に座っているこの上司だけだった。

「おい女、隣見てみろ。なぁ」
変態エロ豚おじさん上司が、ウチのほっぺに、ギンギンのナニを当ててくる。

「・・・・・・・」
「なぁお前。伏見・・だっけ?無口だな。それじゃ出世できねーよ」

ウチは昔から口数が少ない方だった。人が苦手なのだ。人との距離感もわからない。○さい時の遠足もみんなから離れて、先生と食べることが多かった。

なのに、今、この仕打ち。ウチは、完全にバッドエンドルートを歩いていた。

「伏見さーん、聞こえてますかー?」
変態エロ豚おじさん上司が、ウチの耳に口を寄せる。逃げるウチを捕まえて、強引にキスをする。ウチは抵抗する。変態エロ豚以下略は、ウチの胸をまさぐる。ウチは混乱する。ここ、日本だよ。捕まっちゃうよ・・・?なんで・・・?変態略は、また、ウチにキスをする。

「伏見さんって、クールだよなー。こうやってても全然嫌がらんし・・・」

え・・え・・・どうしたらいいかわからないだけなのに・・・。ウチが変態略にいいようにやられている目の前で、内田くんは、呑気にいびきをかいている。変態略は、ウチの細身パンツをずりおろし、下着も無理やりはぎ取った。ウチは抵抗するが、変態略は、まったく意に介さない。ウチのま〇こを凝視する。ウチは、恥ずかしすぎて、必死に隠そうとする。

「静かにしなよ。内田が起きるよ」
ウチの腕の力が弱まる。

「伏見さん、あんたには選択肢が2つある」
「?」
「今ここでオレとセックスして、内田に見られる危険をおかすか、別室で、オレとセックスして内田を助けるか、だ」
「??」

最悪な2択だが、それでも2つ目は、意味がわからなかった。

「ん?内田を助けるってのは、どういうことかって?・・・実は、内田のやつ、会社の金をチョロまかしていたのさ。証拠もある。だが、今ならオレの段階で握りつぶすこともできる。どうだ?あんたには関係のない話だが」

確かに関係ない。・・関係ないのだが・・・。

・・・・ウチは、別室で、裸の変態略と裸で抱き合っていた。いや抱き合っているんじゃない。セックスをしていた。どうせ、やられるなら、まだ誰かを救える方がいいと思ったのだ。・・・だが、ウチは想像もしていなかった。そして、ウチは、初めて知るのだった。・・・セックスの気持ち良さを・・・。

引用:©赤本

ページ数 69ページ
キャラクター OL
タイプ ショートヘアデカ尻ぽっちゃり巨乳
コスチューム スーツ・仕事着
プレイ内容 アヘ顔断面図陵辱隠語・言葉責め

差分込み本編69ページ
全編フルカラー
おじさん上司目線Ver(66ページ)
体験版あり

「オレの無口彼女が、終電逃して中年上司と1泊することにNTR」のサンプル画像

「オレの無口彼女が、終電逃して中年上司と1泊することにNTR」 先日付き合い始めた内田くんに勧められて、3次会にきたのだが、内田くんはつぶれてしまった。
© 赤本
先日付き合い始めた内田くんに勧められて、3次会にきたのだが、内田くんはつぶれてしまった。
「オレの無口彼女が、終電逃して中年上司と1泊することにNTR」 今、起きているのは、さっきからずっと下半身丸出しで、ウチの隣に座っているこの上司だけだった。
© 赤本
今、起きているのは、さっきからずっと下半身丸出しで、ウチの隣に座っているこの上司だけだった。
「オレの無口彼女が、終電逃して中年上司と1泊することにNTR」 そして、ウチは、初めて知るのだった。・・・セックスの気持ち良さを・・・。
© 赤本
そして、ウチは、初めて知るのだった。・・・セックスの気持ち良さを・・・。

「オレの無口彼女が、終電逃して中年上司と1泊することにNTR」のレビュー

精力的にNTR作品を発表されている新人作家「赤本」さんの最新作。作品を発表するごとに販売数が着実に伸びていて、人気・実力ともに勢いが感じられる作家さんです。

今作は初のフルカラー作品となっており、主人公と付き合い始めたばかりのヒロインが会社の飲み会をきっかけに中年上司に寝取られていく様子が、「本編」と「寝取り役」の2つの視点でボリュームたっぷりに描かれています。主人公・ヒロイン・寝取り役それぞれの目線や心情が描かれる事で、より「寝取られ感」を感じる事が出来て嬉しいですね。無口だけど心の中はおしゃべりなヒロイン・伏見さんが、中年上司のセクハラとねっとりとした口説きに堕ちていく流れは非常に読みごたえがあります。

3次会まで続いた飲み会で上司宅を訪れた主人公とヒロイン。中年上司は酔いつぶれて寝てしまった主人公を横目に、ヒロインに無理やり襲い掛かった挙げ句、理不尽な2択を迫る!冷静に考えれば受け入れがたい要求にもかかわらず、人付き合いが苦手なヒロインは抗いきれずに受け入れてしまう…。

経験の乏しいヒロインのカラダを徐々に開発していくエロシーンには疾走感が感じられます。セクハラ上司のドス黒い欲望が暴走していく勢いと、ヒロインが初めて感じる快感とが相まって、濃密で迫力あるエロシーンが生み出されていますね。普段は無口なヒロインですが、喘ぎ声や心の声はむしろ饒舌で、フィニッシュの後で「おわっちゃったの・・・?」と呟くセリフが生々しくて印象的。思わず漏れた本音と、その後すぐに冷静さを取り戻して快感を否定する姿にリアリティが感じられました。

絶倫すぎる中年上司の執拗な責めを何度もカラダ中で受け止め、鬼のような連続ピストンで濃厚中年精子をたっぷりと中出しされたヒロイン。失神するほどイカされ続けたヒロインが突っ伏した後ろ姿は、もはや取り返しのつかない事態になった事を物語っていた…。

寝取り役目線での「おじさん上司Ver」は、あくまで本編の差分なのでストーリー展開は同じですが、こちらは「寝取り感」を味わえる視点となっていて、「主人公からヒロインを奪っていく」興奮を味わうことが出来て良かったですね。おじさんの異常な絶倫っぷりの秘密も明かされます。

ちなみに早くも次回作が予定されていて、『オレの元気幼なじみが、親友の肉便器だった話BSS』のタイトルですでにFANZAに予告作品として登録済み。配信予定は2020年12月上旬のようです。

FANZAならスマホでも「アプリ」で快適に電子書籍が読める!»

[出典/関連リンク] FANZA / DLsite / とらのあな / メロンブックス [作者情報] twitter /

FANZA関連作品