寝取られ系同人コミック 「ぼくだけがセックスできない家」 兄と弟に好きな女の子を奪われる珠玉の「BSS系」寝取られストーリー。【レビュー】 サークル三崎

「ぼくだけがセックスできない家」のあらすじ

「やーっと終わったー」「もうのーみそ壊れそう」「あはは」

グループ課題のためぼくの家を訪れた、ちょっとギャルっぽいけど、明るくてノリのいい藍沢さんと、真面目だけど優しい、いかにも優等生な本田さん。

課題を終えた僕たちはゲームで遊ぶことにして、ノリのいい藍沢さんや、意外にゲーム好きだった本田さんと楽しく過ごしていた。

ガチャン
『たでーまー』『んー?お客さん?』僕よりも長身で、サバサバした弟の壮真と、『ただいま』『今日はにぎやかだね』優しくて学校では生徒会長をしている兄の樹の帰宅。

兄弟の2人は僕よりも女性慣れしてて、帰って早々に藍沢さんは壮真と、本田さんは樹兄と仲良くしている。

『だー芽衣てめー邪魔すんな!』
「呼び捨てにするなよ!そっちこそ向こう行け!」
「そうそうすごいです!私よりもう上手じゃないですか?」
『まさか!本田さんが教えてくれたお陰だよ』

…さっきまで3人で楽しく遊んでいたゲームで、僕を除く4人は楽しく遊んでいる。
僕は4人が遊ぶソファーの前に座って、ゲーム画面を見つめながら、後ろの4人の会話に耳をそばだてていた。

「ちょ…なっ何すんの!?」『ん?仕返し』
『もしかして感じちゃった?』「はぁ!?全然!?」『ふーん…』

かさ…かさ…スス…はぁ…はぁ…んっ…はぁ…

『気になる?』『心配しないで、本当にイヤならしないよ』
「え…?」『ん?違った?』『…あぁそっか、じゃあ』
『うらやましいのかな?』「っ!」「そ、そんなこと…」
すす…すす…
「あの…会長…」「あ…っ」

もぞ…もぞ…んんっ…あっ…スス…もぞ…んっ…

僕は後ろを向くことができない。

藍沢さんは壮真の部屋に、本田さんは樹兄の部屋に引き上げていった。

誰もいなくなったリビングで、ゲームの音だけが鳴っている。僕はリビングを出て、2階の兄弟の部屋に挟まれた自室に向かう…。

引用:©サークル三崎

ページ数 56ページ
ジャンル 制服/乱交/寝取り・寝取られ・NTR/退廃・背徳・インモラル/鬱

著:紅村かる [ぼくだけセックスできない]オリジナル同人作品

「ぼくだけがセックスできない家」のサンプル画像

クラスの課題を終わらせるため、主人公・優の自宅に集まったクラスメイトの本田さんと藍沢さん。
クラスの課題を終わらせるため、主人公・優の自宅に集まったクラスメイトの本田さんと藍沢さん。
© サークル三崎
しかし兄弟の帰宅によって雰囲気が一変していく!
しかし兄弟の帰宅によって雰囲気が一変していく!
© サークル三崎
藍沢さんは壮真の部屋に、本田さんは樹兄の部屋に連れ込まれていった…。
藍沢さんは壮真の部屋に、本田さんは樹兄の部屋に連れ込まれていった…。
© サークル三崎

「ぼくだけがセックスできない家」のレビュー

甘酸っぱい青春を過ごしていた主人公が、帰宅した兄と弟に気のある女の子を奪われるBSS(僕が先に好きだったのに)系寝取られ作品。

クラスの課題を終わらせるため、主人公・優の自宅に集まったクラスメイトの本田さんと藍沢さん。本田さんに気がある様子の優が、本田さんの言動に一喜一憂する姿が微笑ましく、普通に恋愛漫画を読んでいるような錯覚に陥ります。眼鏡に黒髪ロングがよく似合う本田さんは、見た目どおりの真面目なタイプかと思いきやゲーム好きな一面もあり、そのギャップが可愛らしい。

課題を終らせた3人がパーティゲームで盛り上がっているほのぼのとした展開から、兄弟の帰宅によって雰囲気が一変していく流れのドキドキ感がもの凄い。しっかりとした日常シーンを描く事で、その後のエロシーンが尋常ではないほど盛り上がるのは、「カラミざかり」や「ラレフレ」、「千歳-chitose-」などの「青春系NTR作品」と共通するものがありますね。

男勝りで明るくノリのいい藍沢さんとヤンチャな壮真は最初から意気投合していて、ベストカップルにしか見えないので、こちらのペアの「寝取られ感」はあまりない。藍沢さんは樹に気のある素振りを見せているので、そういう意味では「好きな男ではない別の男に抱かれる」興奮が味わえるかも。

より「寝取られ的」興奮を感じさせるのは、優が想いを寄せる本田さんと兄・樹のペアの方でしょう。ゲームをしながらのほんの軽いスキンシップから始まり、反応を確かめながら嫌がられないギリギリをじっくり攻めていく手際の良さに、女の子二人がだんだんと「その気」になっていく流れにドキドキが止まらない。そして、ついさっきまで一緒に過ごしていたクラスメイトの女の子ふたりが、壮真と樹の部屋に「お持ち帰り」されるシーンの期待感がめちゃくちゃヤバイ!導入に作品全体の約半分となる30ページを使っただけの事はあり、その後のエッチシーンはハッキリ言って異常なほどの盛り上がりを見せます。

本田さんと藍沢さんのエッチな姿が交互に楽しめる構成が嬉しいですね。甘いキスと優しい愛撫でじっくり本田さんを落としていく樹と、年上の藍沢さんに対して欲望のままに振る舞う壮真。二人の性格の違いがそのまま女の子への扱い方の違いになっているのが興味深い。

樹の本田さんに対する扱いはパーフェクトで、「こんなんどんな女の子でも惚れてまうやろ!」というレベルの紳士っぷり。主人公の存在がなければ、深く愛し合う恋人同士の最高の初体験にしか見えません。一方の壮真はセフレとするような欲望に任せたセッ○スで、藍沢さんを挑発してフェラ○オさせたり、体位もひたすらバックだけで攻め立てたりと、両者のセッ○スの違いが存分に楽しめました。

そして主人公・優が「実の兄弟」である樹と壮真に好きな女の子を奪われるのは、他人に「寝取られる」以上のダメージがありますね。自室の両隣から聞こえて来るふたりの嬌声をムリヤリ聞かされる心情には、思わず同情してしまうほど。もちろん、主人公が感じる辛さの分だけ、エロシーンの興奮度が高まるのが、寝取られ作品の「美味しいところ」なので、そういった意味では優は作品の「主人公」を見事に演じていると言えますね。

魅力的なキャラクター・しっかりと練られた構成・エッチに持ち込むまでのドキドキの展開・背徳感たっぷりのエロシーン・主人公が悶え苦しむ鬱勃起描写の全てにおいて、「BSS系寝取られ作品」のお手本のようでした。商業誌でも活躍されている「紅村かる」さんの画力の高さも相当なレベルで、非常に完成度の高い作品に仕上がっています。

個人的に一点だけ不満だったのは、エッチが始まってすぐに樹が本田さんの眼鏡を外してしまったところ。眼鏡がチャームポイントだっただけに最後までしたままでいて欲しかった!とはいえ、ここは完全に個人の好みの問題なので、それ以外は非の打ち所がない素晴らしい作品でした。ただ、導入にページ数を割いたこともあって、エッチはそれぞれ一回戦だけだったので、続編があれば是非読んでみたいですね。パートナーを取り替えてのセッ○スや4Pなど(もちろん主人公はおあずけ)見てみたいシチュエーションへの妄想が止まりません!

[出典/関連リンク] FANZA / DLsite / とらのあな / メロンブックス [作者情報] twitter /

FANZA関連作品