寝取られ系同人コミック 「束縛愛3~放課後、教室で、無防備な優等生を、無理やり犯す~」 退廃的なエロスが漂う逆NTRストーリー。【レビュー】 Akari blast!

「束縛愛3~放課後、教室で、無防備な優等生を、無理やり犯す~」のあらすじ

赴任した先の進学校で、生徒会長「吉垣文乃」と出会った主人公「中瀬古明彦」。
トラブルが起こり衝動的に文乃を犯した明彦。
次の日学校を欠席した文乃の自宅で明彦が目にしたのは「やっと来てくれた」と慈愛にも似た表情とともに感謝と切望を囁く文乃の姿だった。

欲望の捌け口として文乃を扱う明彦。
その身体で、その声で、その瞳で明彦を執拗に求める文乃。

そんな中、明彦の婚約者、美和が明彦の学校を訪れる。
明彦と文乃のセックスを目の当たりにする美和はー

引用:©Akari blast!

ページ数 40ページ
ジャンル お嬢様・令嬢/学園もの/巨乳/縛り・緊縛/コミケ98/寝取り・寝取られ・NTR

「束縛愛3~放課後、教室で、無防備な優等生を、無理やり犯す~」のサンプル画像

欲望の捌け口として文乃を扱う明彦。
欲望の捌け口として文乃を扱う明彦。
© Akari blast!
文乃もまた明彦を執拗に求める。
文乃もまた明彦を執拗に求める。
© Akari blast!
とめどなく爛れた関係に溺れていく。
とめどなく爛れた関係に溺れていく。
© Akari blast!

「束縛愛3~放課後、教室で、無防備な優等生を、無理やり犯す~」のレビュー

婚約者のいる高校教師・中瀬古がミステリアスな生徒会長・吉垣文乃との爛れた関係に溺れていく「逆NTR」シリーズの完結編。仄暗い世界観と退廃的なエロシーンが特徴的で、どことなく文学的な香りの漂う作品。

自分のストレスの捌け口として文乃を犯した挙げ句、玩具のように扱う中瀬古と、手酷い扱いを受けていながら中瀬古に求められていると思い込む文乃。最初から両者の認識はすれ違っていたにもかかわらず、カラダを重ねるうちに中瀬古の気持ちに変化が訪れる…。

徐々に文乃に溺れ始めた矢先に中瀬古の彼女・美和の登場でストーリーは一気に緊迫感を増します。中瀬古に無断で学校に訪れたり、女の勘で居場所を突き止めるなど、文乃とは別の意味の怖さを持った美和。婚約者を奪われた怒りをストレートに文乃にぶつけ、暴力を振るうシーンは女の修羅場そのもの。

そんな諍いの中で文乃の口から漏れた本心に、中瀬古の気持ちは固まったように見えました。

「じゃあ・・・私も一緒ですよ。先生がほしい」

ふたりが無事?くっついてからの倒錯した愛の営みには引き込まれるよう魅力がありますね。狭いアパートで貞操帯やアナルプラグを付けられたまま放置されたり、縄で縛る・髪を掴む・首を絞めるなど乱暴で欲望剥き出しのプレイが凄まじくエロい。お互いを激しく求めるあまり束縛してしまうという、不器用すぎる愛し方はどこか悲しみが漂っています。

シリーズを通して文乃は中瀬古の不器用さを喜びとして受け入れているので後味の悪さはなく、むしろどうしようもなく歪だった二人がお互いにとって最良な相手と出会えた事が救いとなったのが印象的でした。

[出典/関連リンク] FANZA / DLsite / とらのあな / メロンブックス [作者情報] twitter / ウェブサイト

FANZA関連作品