\ついに開催!FANZA同人「10円」キャンペーン!/セール会場はこちら»

NTR系エロ同人

ロシナンテ『ハナミズキ 第一話「最低の女」』生粋の泥棒猫・さくらの淫らな本性が露わとなる!

50%OFF キャンペーン中!9月12日(月)23:59まで
利用期限:無期限
880円
WEB SERVICE BY FANZA

デビュー作にもかかわらず、情緒に溢れた深いドラマ性と透明感のあるキャラクターで、絡み合う男女の心情を瑞々しく描き、確固たるオリジナリティを感じさせた『うらぎりベッドルーム』。およそ1年ぶりとなる待望の続編『ハナミズキ』は、なんと全8話もの長編シリーズになる事が予定されており、本作は記念すべき第一話となります。

『ハナミズキ 第一話「最低の女」』のあらすじ

ノブ(水木信彦)と(伊東)さくらのW不倫が暴かれ、修羅場となった「うらぎりベッドルーム」から一週間。
夫に許されお咎めなしに終わったさくらは裏の顔を職場に知られることもなく、真面目でかわいい後輩として同僚男子たちの人気を得ていた。

しかし脇の甘さが仇となり正体を疑う人物が現れ始め、さくらはノブとの関係が切れてなお噂を広められまいとあの手この手で口封じを図る。

匂いを嗅ぎつけた上司・掛川から怪しい誘いを受けあえて誘いに乗ることで情報源を探ろうとするが、泥●させられ寝ている間に身体を奪われてしまうさくら。
その上ノブとの不倫を秘密にする見返りとしてセフレになることを強要される。

しぶしぶ了承したさくらと掛川は飢えた獣のように一晩中貪り合う。
愛など欠片もない穢れた一夜の果てにさくらは何を思うのか。

引用:©ロシナンテ

*キャラのタイプやプレイ内容は各販売サイトの情報を参考に、管理人が独自にタグ付けしています。

★本シリーズ「ハナミズキ」は
前作「うらぎりベッドルーム」のその後を描いたお話です。
(あらすじが入っていますので未読でも大丈夫です。)
★本シリーズは長編ストーリーを全8話に分けて
配信していく予定です。
★おまけで表紙イラストの別バージョンが入っています。

※第一話には前作で登場したノブの妻・花は登場しません。
※第一話は前作のような明確なNTR作品ではありません。

表紙カラー1P 、登場人物紹介1P、前作のあらすじ1P、
本編モノクロ47P、次回予告4P、あとがき1P、おまけ1P、
計56P。(+奥付1P、空きページ3P)
ファイル形式/jpg・pdf

『ハナミズキ 第一話「最低の女」』のサンプル画像

『ハナミズキ 第一話「最低の女」』 W不倫がばれてしまい、修羅場となった騒動も一旦は収束の気配を見せたがー。
© ロシナンテ
W不倫がばれてしまい、修羅場となった騒動も一旦は収束の気配を見せたがー。
『ハナミズキ 第一話「最低の女」』 平穏な日常生活を送っていたさくらに不穏な影が近づいて・・・。
© ロシナンテ
平穏な日常生活を送っていたさくらに不穏な影が近づいて・・・。
『ハナミズキ 第一話「最低の女」』 さくらの不倫を知り自分を「後釜」にするよう迫る、上司の掛川。
© ロシナンテ
さくらの不倫を知り自分を「後釜」にするよう迫る、上司の掛川。
『ハナミズキ 第一話「最低の女」』 自暴自棄となったさくらは掛川とのセッ◯スにのめり込み、快楽の沼へとその身を堕としていく!
© ロシナンテ
自暴自棄となったさくらは掛川とのセッ◯スにのめり込み、快楽の沼へとその身を堕としていく!
『ハナミズキ 第一話「最低の女」』 理性を失った獣と化した男と女が迎えた結末はー。
© ロシナンテ
理性を失った獣と化した男と女が迎えた結末はー。

『ハナミズキ 第一話「最低の女」』のレビュー

前作『うらぎりベッドルーム』で自由奔放な性格の「生粋の泥棒猫」伊東さくらに夫・ノブを奪われた水木花。自分を裏切った夫への報復として「自分も他の男にむちゃくちゃに犯してもらう」ことを宣言する―。

前作『うらぎりベッドルーム』のレビュー記事はこちら»

一方、水木との不倫関係を丸く収めることに成功し、平穏な日常生活を送っていたさくらに近づく不穏な影・・・。上司や同僚の男に不倫を疑われたさくらは、口止めと引き換えにカラダの関係を迫られる―。

自分を「ノブの後釜」にするように迫る、上司・掛川とのやりとりがスリリング。一度はきっぱりと断ったさくらが、泥酔した隙にカラダを奪われ「飽きるまで」の条件で無理やり付き合わされてしまう。

明るさと真面目さで社内で人気があり、既婚者でもあるさくらを陵辱し優越感に震える掛川の姿が「寝取った側の興奮」が味わえる。諦めたかのように不倫関係を了承したさくらが、掛川とのセッ○スにのめり込み、自暴自棄とも言える快感に身を堕とすシーンが滅茶苦茶にエロい!!さくらの女らしさに満ちた柔らかい肌の質感、大きさの程よい乳房のほくろも艶めかしい色気に満ちている。

女の扱いに自信を見せる掛川と、主導権を取り戻そうとするさくらの戦いは混迷を極め、理性を失った獣と化した男と女は絡み合い快楽の沼へと溺れていく・・・。また、もうひとり自分の不倫に勘付いた同僚・真田に言い放ったセリフにはさくらの本心が垣間見え、彼女の「満たされない想い」にある種の寂しさ・せつなさが漂っていました。

次回作『ハナミズキ 第二話「過ちのはじまり」』では、いよいよもうひとりのヒロイン・水木花のエピソードとなり、夫・ノブとの出会いから不倫への復讐までが描かれる予定となっています。夫の不倫現場を目の当たりにした事、そして不倫相手のさくらに挑発を受けた事で深く傷ついた花がどういった行動を見せるのかを楽しみにしながらリリースを待ちたいと思います。

今作も『冒頭15ページの無料体験版』が用意されているので、気になった方はチェックしてみて下さい。

また、新作の発売を記念して前作『うらぎりベッドルーム』が2021年12月07日 (火) まで半額キャンペーンとなっています。

FANZAならスマホでも「アプリ」で快適に電子書籍が読める!»

[出典/関連リンク] FANZA / DLsite / とらのあな / メロンブックス [作者情報] twitter / pixiv /

【FANZA関連作品】