寝取られ系同人誌

Marked-two 「ヒ・ミ・ツ・マ Marked-girls Origin Vol.6」 欲求不満の若妻が同僚のデカ◯ンで快楽堕ちしていく!

利用期限:無期限
     
WEB SERVICE BY FANZA

サークルMarked-two(スガヒデオ)さんによる、『Marked-girlsシリーズ』の第6弾!今作は仕事で忙しい旦那に構ってもらえず欲求不満気味の人妻が、バイト先の同僚によって堕とされる「流され系」NTR作品。可愛らしいヒロインがハードに犯されるギャップがシコい、抜きどころ満載の作品です。

「ヒ・ミ・ツ・マ Marked-girls Origin Vol.6」のあらすじ

上司と朝まで飲み会に行く旦那と喧嘩し不満タラタラのリコ…
仲のいいバイトの先輩兵藤さんと宅飲みすることになり飲みすぎた勢いで…
ちょっとだけ…

はじめはフェラだけのつもりが旦那のよりもおっきいちんぽにだんだんエスカレート
普段セフレを囲い手慣れた兵藤のテクに身も心もだんだんと堕ちていき…

それなのに2回目以降はなかなか誘ってくれなくて…
一度きりの浮気…旦那にはバレなかったけど…でも…なぜか…
バイト帰りに兵藤さんが違う女の子に声をかけているのを見かけて悶々とし…

ついには…自分から…声をかけてしまう…

引用:©Marked-two

ピクセル数 縦1600
同人誌の先行WEB版になります。
同人誌版とは修正が一部異なっております。ご了承下さい。

「ヒ・ミ・ツ・マ Marked-girls Origin Vol.6」のサンプル画像

「ヒ・ミ・ツ・マ Marked-girls Origin Vol.6」 旦那にかまってもらえず、欲求不満のリコは同僚・兵藤の誘いに乗ってしまい・・・。
© Marked-two
旦那にかまってもらえず、欲求不満のリコは同僚・兵藤の誘いに乗ってしまい・・・。
「ヒ・ミ・ツ・マ Marked-girls Origin Vol.6」 兵藤の家で飲むうちに気づいた時にはエロい雰囲気になっていて❤︎
© Marked-two
兵藤の家で飲むうちに気づいた時にはエロい雰囲気になっていて❤︎
「ヒ・ミ・ツ・マ Marked-girls Origin Vol.6」 「フェラだけなら浮気じゃない」という都合のいい言い訳から始まった男と女の情事。
© Marked-two
「フェラだけなら浮気じゃない」という都合のいい言い訳から始まった男と女の情事。
「ヒ・ミ・ツ・マ Marked-girls Origin Vol.6」 旦那のでは届かないポルチオをゴリゴリ突かれ、スレンダーボディを震わせてイってしまう。
© Marked-two
旦那のでは届かないポルチオをゴリゴリ突かれ、スレンダーボディを震わせてイってしまう。
「ヒ・ミ・ツ・マ Marked-girls Origin Vol.6」 リコは兵藤が与えてくれる快感に身も心も堕ちていく!
© Marked-two
リコは兵藤が与えてくれる快感に身も心も堕ちていく!

「ヒ・ミ・ツ・マ Marked-girls Origin Vol.6」のレビュー

忙しい夫とケンカし、不満顔なヒロイン・リコ。バイト先で愚痴っていた所を同僚・兵藤に聞かれ、ストレス解消にと飲みに誘われる。ノリの良い兵藤の巧みな誘いに、宅飲みをOKしてしまった事が悪夢の始まり。景気良く飲むつもりが、気づいた時にはエロい雰囲気になっていて・・・❤︎

「フェラだけなら浮気じゃない」という都合のいい言い訳から始まった男と女の情事。自慢のデカ◯ンを咥えさせた兵藤は、リコのたどたどしいフェラでは満足せず、頭をがっしり掴んで人妻の喉奥をマ◯コのように扱っていく!

少女漫画のような可愛い絵柄とハードなエロシーンのギャップがエロい!!無理やり口内を蹂躙されても瞳にハートを浮かべて発情してしまうリコも可愛い❤︎30分もの間オマ◯コをイジられ続け、可愛い顔がぐちゃぐちゃのアヘ顔に変わってしまうほど快感に蕩けさせられてしまうリコ。旦那のでは届かないポルチオをゴリゴリ突かれ、スレンダーボディを震わせてイってしまう姿が最高!

そして「違いの分かる間男」兵藤のキャラクターも秀逸。旦那への罪悪感に苛まれるリコには「浮気セックスだから気持ちいいんじゃん」と自分勝手な考えを押し付け、次の日には何もなかったかのように他の女と仲良さげな姿を見せつける。

押しては引く兵藤の駆け引きに翻弄され、自分から兵藤を誘ってしまうチョロ可愛いリコ。焦らされた分だけ2度目の不倫セッ◯スは激しさを増し、ゴムがなくなるまでハメ倒された後は危険日にもかかわらず、生ハメを了承。兵藤が与えてくれる快感に身も心も堕ち、どろどろに濃い精液を子宮で受け止めてしまい・・・。

FANZAならスマホでも「アプリ」で快適に電子書籍が読める!»

[出典/関連リンク] FANZA / DLsite / とらのあな / メロンブックス [作者情報] twitter / pixiv / ウェブサイト

FANZA関連作品