寝取られ(NTR)系同人誌

ナナシノベル 「妻の冬籠り 貸し出された肉体」 村のためにその身を犠牲にする美しき人妻の献身。

「妻の冬籠り 貸し出された肉体」
© ナナシノベル

少子化に伴う「托卵」という設定や独特のタッチの絵柄で、一風変わった世界観を描き出した前作『カッコウの日-托卵された妻‐』とはうって変わって、中世ヨーロッパを彷彿とさせるファンタジーな世界観の中で、やむを得ない事情からその身を権力者に差し出すヒロインの悲劇を描いた作品です。

『カッコウの日-托卵された妻‐』のレビューはこちら»

「妻の冬籠り 貸し出された肉体」のあらすじ

港町に出稼ぎに来ていた若者ハンスは美しい娘ヘレナと出会った。
ひかれあった二人は若者の故郷でともに生きることを選んだ

それから2年後…

食糧難に陥った村を助けるため二人はある男と取引することとなった。

貞淑な妻ヘレナはベットの上で…

引用:©ナナシノベル

出会い編 21ページ
寝取られ編 60ページ

「妻の冬籠り 貸し出された肉体」のサンプル画像

「妻の冬籠り 貸し出された肉体」 とある港町で荷物運びとして働いていたハンスは、ある日孤児院を手伝う美しい女性・ヘレナに恋をする。
© ナナシノベル
とある港町で荷物運びとして働いていたハンスは、ある日孤児院を手伝う美しい女性・ヘレナに恋をする。
「妻の冬籠り 貸し出された肉体」 やがて結婚した二人だったが、村の貧しさを救う為に権力者に身を捧げる事に…。
© ナナシノベル
やがて結婚した二人だったが、村の貧しさを救う為に権力者に身を捧げる事に…。
「妻の冬籠り 貸し出された肉体」 女を熟知したラジャルはヘレナのカラダをじっくりとと味わいー。
© ナナシノベル
女を熟知したラジャルはヘレナのカラダをじっくりとと味わいー。
「妻の冬籠り 貸し出された肉体」 貞淑な人妻を自分好みの女へと変えていく。
© ナナシノベル
貞淑な人妻を自分好みの女へと変えていく。
「妻の冬籠り 貸し出された肉体」 日常的にカラダを求められ続けたヘレナは…。
© ナナシノベル
日常的にカラダを求められ続けたヘレナは…。

「妻の冬籠り 貸し出された肉体」のレビュー

ストーリー

とある港町で荷物運びとして働いていたハンスは、ある日孤児院を手伝う美しい女性・ヘレナに恋をする。
お互い惹かれ合うようになった二人は、やがて結婚しハンスの故郷で暮らし始めたが、村は貧しく厳しい冬を前にして危機を迎えていた。

追い込まれたヘレナは夫と村を救うため、その身を権力者・ラジャルに捧げることに…。

ここがエロい!おすすめポイント

  • ファンタジーな世界観で繰り広げられるドラマチックなストーリー展開。
  • 夫や村のためにその身を犠牲にする美しいヒロインの献身的な姿。
  • 女を熟知した老人との生活の中で営まれる日常的でリアルなエロス。

世界観やストーリーがしっかりと練られていて、主人公とヒロインの出会いから、お互いに惹かれ合っていった理由や経緯もしっかりと描かれているので、その分寝取られた時の興奮度やエロシーンの盛り上がり方が際立っています。

夫と強い絆で結ばれながらも、貧しい村の食糧事情をなんとかする為、自らを犠牲にしてその身を権力者に差し出すヒロインの献身が尊く美しい。女盛りの美しい人妻と盛りの過ぎた老人との絡みが見どころで、何人もの妻を娶り女の扱いを熟知した老人が、貞淑な人妻をじっくりと味わっていく一連の行為には独特の味わい深さがあります。

家事や食事の最中にもお構いなしにカラダを求められるシーンなどは、生活に密着したリアルなエロさを感じさせ、妻を心配し帰りを待ち続ける夫の存在や、夫を想い続ける妻の姿にはそこはかとない「寝取られ感」が漂っていますね。

前作『カッコウの日-托卵された妻‐』同様に独特の世界観やじんわりと惹き込まれていくドラマ性があり、何度も読み返したくなるような作品でした。

FANZAならスマホでも「アプリ」で快適に電子書籍が読める!»

[出典/関連リンク] FANZA / DLsite / とらのあな / メロンブックス [作者情報]

FANZA関連作品