寝取られ(NTR)系同人誌

バイオチャンプル 「スマホのムコウガワ」 スマホを通じて繋がり合う二人の純愛と凌辱が交錯する!

「スマホのムコウガワ」のあらすじ

伊勢原 直樹と榎本 奏はスマホを通じて思い出を語っていた。
そしてあるきっかけで、スマホを通じて互いの気持ちを知り…
スマホを通じて付き合うことになる。

だがその直後、奏は見知らぬ男たちに拉致され、奏のスマホは男の手にわたる…

一時返信がなくなり、心配になる直樹だったがまたやり取りは再開し、安堵する。
だが…スマホの向こう側の奏は、普段からでは想像つかないことを聞いてくる…

「ねえ、ホテルに行って、ベッドに座ってる私に、なにをしたい?」

直樹は動揺する。

一方拉致された奏は男にこう言われる。

「これからカレシ君と妄想セックス楽しむんだけどな…カレシがしたいことをそのままお前にしてやるよ。」

スマホを通じて直樹は純愛のセックスが始まり…

引用:©バイオチャンプル

「スマホのムコウガワ」のサンプル画像

「スマホのムコウガワ」 スマホを通じて気持ちを伝え合う直樹と奏。
© バイオチャンプル
スマホを通じて気持ちを伝え合う直樹と奏。
「スマホのムコウガワ」 しかしその直後、奏は不審な男に拉致されてしまう!
© バイオチャンプル
しかしその直後、奏は不審な男に拉致されてしまう!
「スマホのムコウガワ」 男たちの「妄想セッ○ス」と題した陵辱ゲームを受けるハメに…。
© バイオチャンプル
男たちの「妄想セッ○ス」と題した陵辱ゲームを受けるハメに…。
「スマホのムコウガワ」 スマホを通じた「純愛」と「凌辱」が交錯する!
© バイオチャンプル
スマホを通じた「純愛」と「凌辱」が交錯する!

「スマホのムコウガワ」のレビュー

スマホを通じて繋がり合う二人の「コチラ」と「ムコウ」の世界を描いたハード系NTR作品。「コチラガワ」と「ムコウガワ」のパートが分かれていて、主人公とヒロインにそれぞれ「何が起こったのか」が分かるアイデアが面白いですね。

まず「コチラガワ」のパートでは、主人公・直樹とヒロイン・奏のスマホでのやりとりからスタート。他愛のないメッセージのやり取りの中でいい雰囲気になり、お互いの気持ちを伝え合うシーンはまさに甘酸っぱい青春そのもの。会話の端々から明るく純粋なヒロインの魅力もしっかりと伝わって来ますね。

そしてお互いの気持ちが通じ合い、晴れて付き合う事となった二人。しかし、路上でそのやりとりを見ていた怪しい男達に車に押し込まれ、そのまま連れ去られてしまう…。前半の甘い恋愛模様から陵辱シーンへと変わる劇的な展開の緊迫感が凄い。無垢なヒロインがゲスな男達によって廃屋に連れ込まれ、「妄想セッ○ス」と題した陵辱ゲームを受けるハメに陥ってしまう!

奏が拉致されたことを知らず、そのままメッセージのやりとりを続ける直樹。直樹が彼女となった奏と「したいこと」を妄想するなか、現実ではその通りに奏が「陵辱」されているという凄まじいスリルと興奮が味わえます。初めて出来た彼女との幸せな妄想に浸る直樹が、奏の拉致した男たちからのメッセージで一気に不幸のどん底に落とされるシーンも、エグいほどの悲壮感が滲み出ていました。

全体的に陵辱色がかなり強めでラストを含めて「救い」が一切ないので、好みの分かれる作品かもしれません。「ムコウガワ」のパートのエロ度が特に高いので、ハードなシチュエーションが好みの方にオススメします。

FANZAならスマホでも「アプリ」で快適に電子書籍が読める!»

[出典/関連リンク] FANZA / DLsite / とらのあな / メロンブックス [作者情報]

FANZA関連作品