寝取られ系成年コミック 「ねっとりネトラレ 第7話~くノ一暮葉の場合~」 クールな女忍者・暮葉が、房中術を頭領に仕込まれる!【レビュー】 瀬奈陽太郎

ページ数 20ページ
ジャンル 寝取られ/中出し/くノ一/巨乳

「ねっとりネトラレ 第7話~くノ一暮葉の場合~」のサンプル画像

幼馴染の忍者見習い・源次郎と修行に励む「くノ一」暮葉。
幼馴染の忍者見習い・源次郎と修行に励む「くノ一」暮葉。
© 瀬奈陽太郎
元服を前にして源次郎と将来を誓いあう。
元服を前にして源次郎と将来を誓いあう。
© 瀬奈陽太郎
しかし、最後の修行として頭領に呼ばれ、暮葉のくノ一としての試練が始まることに。
しかし、最後の修行として頭領に呼ばれ、暮葉のくノ一としての試練が始まることに。
© 瀬奈陽太郎

「ねっとりネトラレ 第7話~くノ一暮葉の場合~」のレビュー

「ねっとりネトラレ」シリーズ新章開幕!
今回のヒロインは、なんと「くノ一」。幼馴染の忍者見習い・源次郎と将来を誓いあったクールな女忍者・暮葉が、「くノ一」の奥義である房中術を頭領に仕込まれる!

戦闘シーンの出来栄えにも驚きますが、もちろん今回のヒロイン・暮葉も魅力的。スタイル抜群の肢体に、ちょっとエロい「くノ一」の装いがとても似合う。「くノ一」として闘う時の凛々しい姿と、源次郎に見せるお姉さん的な優しさとのギャップが凄くいい。

しかし、元服を前に最後の修行として頭領に呼ばれ、暮葉の忍者としての試練が始まることに。麻煙という催淫効果のある煙をかがされ、凛々しかった表情がトロンとした表情に変わっていく暮葉に、「くノ一」としてもっとも重要な武器である「房中術」を仕込んでいく!

大きな胸をはだけさせ、頭領の魔羅に奉仕させられた後は、自ら女陰を開いて頭領を受け入れていく暮葉。辛うじて理性が残っているのか、源次郎に謝りながら「初めて」を奪われるシーンは興奮度抜群でした。時代背景に合わせてエロ用語が和風になっているのも面白い。セッ○スが房中術、チ○ポが「魔羅」、アソコが「女陰」といった具合で、作品の世界観に合っていて良かったです。

頭領による房中術の仕込みをなんとか耐え、快楽の余韻に浸る暮葉だったが、そこに現れたのは里の男衆達。飢えた大勢の男達に囲まれた暮葉の運命は・・・。

[初回購入限定]FANZA電子書籍50%OFFクーポンプレゼント!

[出典/関連リンク] FANZA / DLsite / とらのあな / メロンブックス [作者情報] twitter / pixiv / ウェブサイト

FANZA関連作品