寝取られ系成年コミック 「君が隣にいない未来」 苦悩と興奮が織りなす鬱勃起シーン満載のNTR系作品集。【レビュー】 うつつ*みのる

「君が隣にいない未来」のあらすじ

「今まで知らなかった、セックスがこんなに気持ちいいってー。」

委員長が修学旅行中にチャラ男に…
ずっと大好きだった幼馴染が弟に…
同人作家の自慢の彼女が神絵師に…
家族想いの健気姉が小悪魔義弟に…
再会した両思いの女友達が親友に…

鬱勃起率100%!NTR漫画の新本格が遂に登場!
大幅加筆修正に加え、同人作品も特別収録の決定版!

引用:©うつつ*みのる

ページ数 207ページ
ジャンル 制服/女子校生/美少女/人妻・主婦/幼なじみ/巨乳/寝取り・寝取られ・NTR

「君が隣にいない未来」のサンプル画像

雪蕩けを誘う熱
雪蕩けを誘う熱
© うつつ*みのる
陽炎の向こう側で
陽炎の向こう側で
© うつつ*みのる
頁〈ページ〉の中で抱かれる彼女
頁〈ページ〉の中で抱かれる彼女
© うつつ*みのる

「君が隣にいない未来」のレビュー

『comicアンスリウム』で活躍中のうつつ*みのるさんの初単行本で、商業作品に加えて同人作品も収録された記念すべき作品。どの作品も「寝取られ」的な興奮度が非常に高く、「寝取られた側」の苦悩と興奮が描かれる、いわゆる「鬱勃起」シーンも存分に楽しめる。詩的なタイトルの付け方がおしゃれで、ラストシーンも独特の余韻があって印象に残る作品ばかりです。

雪蕩けを誘う熱

真面目さが魅力的な委員長が修学旅行でのちょっとしたハプニングから、彼氏ではない男にスタイル抜群のカラダを奪われる!周りにバレないように布団の中で隠れて行う寝取られセッ○スはドキドキ感いっぱいで、彼氏を裏切ってチャラ男とラブホで密会し、セッ○スの気持ち良さにハマっていく「寝取られもの」のツボを押さえた展開も楽しめる作品。

陽炎の向こう側で

「憧れたお姉さんは実は弟に抱かれていた…」というBSS(僕が先に好きだったのに)系作品で、達己・拓巳の兄弟と幼馴染の茉優姉が織りなす三角関係にエロを絡めた展開は読み応え十分!

兄の気持ちに気付きながら茉優姉を抱く弟・拓巳の優越感や、達己の気持ちを知りながら拓巳とのセッ○スに溺れる茉優の姿など「鬱勃起」必至のNTR的興奮が存分に味わえる。幼馴染の雌の顔を覗き見てしまう達己の苦悩が丁寧に描かれている点も良かったですね。

頁〈ページ〉の中で抱かれる彼女

二人で同人サークル活動をしている宏樹と晶。ある時、有名サークルのイケメン絵師から打ち上げに誘われ、彼女だけが参加することに…。

寝取られ作品の企画に思い悩む彼氏が、自分の彼女が寝取られる様子を想像することで、妄想と現実の合間に淫らな世界が出現。パンストのアソコの部分のみを破られ、下着をずらしてそのまま挿入するシチュエーションがエロティック!

晶からの電話で一旦妄想は醒めるが、彼女の痴態を思い浮かべるだけで作品のネームが進む事に気がつく宏樹。2度めの打ち上げに誘われた彼女を止められず、ふたりの間に微妙な空気が流れる中、彼女はシンヤの元へ赴き、再び妄想か現実か分からない世界で、彼女はシンヤに抱かれ淫らな姿を晒していく…。

なか睦まじく

苦労した母が再婚することを喜ぶ家族想いの優しい少女・七海。新しい家族と楽しい生活を送っていたはずの彼女が、義理の弟・薫に強引にカラダを奪われる!

時と場所を考えず、欲望の赴くままに行われる寝取られセッ○ス。自宅はもちろん学校の更衣室やラブホで禁断の関係は何度も続く。義姉に対する薫の執着心がエロさに拍車を掛けていて、薫が「寝取る」行為自体を楽しんでいるようなシーンが印象的でした。

僕の知らない君の貌

幼馴染みで仲の良い大学生の男女3人組が繰り広げるBSS(僕が先に好きだったのに)系作品。
美しく成長したヒロインに恋をする主人公の修司が、しかし久しぶりに再開した彼女の痴態を動画で知ってしまうシチェーションは背徳感抜群!彼女のあられもない姿を息を呑んで見守る主人公の苦悩が鮮やかに描かれる「鬱勃起」シーンが満載で、やりきれない切なさが漂っている。

ふたりの家、君との日々

交通事故にあった影響で、触った物の記憶が読み取れてしまうようになった主人公が、妻と父親の隠された真実を知っていく、ちょっと不思議なお話。家中で禁断の行為に励む父と妻の記憶を読み取り、自分の居場所がどこにもない事を知っていく主人公のやりきれない思いが丁寧に描かれており、主人公の苦悩の分だけ寝取りセッ○スの興奮度が高まっていく!義父に求められた妻・結依が自分から誘う仕草を見せているのも、女の性(さが)を垣間見せられているようで印象深かったですね。

[初回購入限定]FANZA電子書籍50%OFFクーポンプレゼント!

[出典/関連リンク] FANZA / DLsite / とらのあな / メロンブックス [作者情報] twitter / pixiv / ウェブサイト