寝取られ系成年漫画

瀬奈陽太郎「ねっとりネトラレ 美人妻淫肉調教」快楽に翻弄されるヒロイン達の官能の宴が幕を開ける!【レビュー】

読める期間:無期限
     
WEB SERVICE BY FANZA

「ペンギンクラブ」で熱筆&絶賛連載された超話題の【寝取られ】最新連載作「ねっとりネトラレ」全11話+描き下ろしカラー漫画付きで単行本化!圧倒的な画力の高さとしっかりと練り込まれた官能的なストーリーを併せ持った珠玉の逸品です。

「ねっとりネトラレ 美人妻淫肉調教」のあらすじ

私は須藤沙織、平凡な主婦です。教職の優しい夫、可愛い息子と幸せに暮らしてました。

夫とラブホテルでの情事を盗撮した写真が届くまでは。浅黒く雄々しい筋骨隆々な体つきの送り主の男は、写真を公表しない代償に身体を要求!夫とは違う野獣のような激しさで私を貪り始め、血管が浮き出て異様に節くれ勃った彼の陰茎を咥えさせたのです。

心では拒絶していてもじっくり舐められトロトロにされた私は、無理矢理アソコに何度も生挿入と中出しされてオンナの本当の絶頂と快楽を身体に教え込まれ、更に一回だけという約束は無情に破られ次は二人がかりで!

ごめんなさいアナタ…私「もう…戻れない」

引用:©瀬奈陽太郎

*キャラのタイプやプレイ内容は各販売サイトの情報を参考に、管理人が作品を読んだ上で独自にタグ付けしています。

<収録作品>
「ねっとりネトラレ」
第0話 人妻・須藤沙織の場合 プロローグ(描き下ろし漫画)
第1話 人妻・須藤沙織の場合 前編
第2話 人妻・須藤沙織の場合 中編
第3話 人妻・須藤沙織の場合 後編
第4話 人妻・須藤沙織の場合 エピローグ
第5話 シンママ・栗花落円花の場合 前編
第6話 シンママ・栗花落円花の場合 後編
第7話 くノ一暮葉の場合 前編
第8話 くノ一暮葉の場合 中編
第9話 くノ一暮葉の場合 後編
第10話 百合JK 五十嵐瑞希の場合
第11話 義姉・朱里と杏樹の場合
番外編 息子・須藤雄太の場合(描き下ろし漫画)

FANZA限定特装版』には、さらに…紙板「限定版」単行本に付録した9話分(約160分)のオーディオドラマを収録する際に使用した「オーディオドラマ用台本・決定稿」を再編集にて収録!

「ねっとりネトラレ 美人妻淫肉調教」のレビュー

第1話 人妻・須藤沙織の場合 前編

「ねっとりネトラレ 第1話」 平凡な主婦・沙織は、盗撮された画像をネタに脅される。
©瀬奈陽太郎

まず注目すべきは最初のページから滲み出る「寝取られ味」と言うべき官能的なエロさ。恥ずかしげに目を伏せたヒロインの人妻を後ろから抱きしめ、にやけた笑みを浮かべる寝取り役の男がいい味を出していて、この後の展開に期待が高まります!平凡な主婦の元へ届いた差出人不明の不審な手紙。それは夫との性行為を盗撮された写真だった!ラブホテルの従業員・袴田から写真や動画を流出させない事と引き換えに、一度限りのカラダの関係を受け入れる沙織の運命は!?

交渉の席では一見人当たり良く見えた袴田が、沙織の自宅へ入った途端に豹変し、沙織に襲いかかる事で一気に興奮度合いが高まります。沙織の白く艶めかしいカラダと、袴田の浅黒く筋肉質の肉体との対比も鮮やかで、まさに美女と野獣といった趣き。性交渉の場にわざわざ夫婦の寝室を指定したのもそれらしい性癖が垣間見えていて、袴田という男の人間性を表しているかのよう。

夫のモノとは全く違う節くれだったカリ太のチ○ポを見せつけられ、袴田の要求に逆らえない沙織さん。袴田に主導権を握られ、淫らな要求に従ううちに罪悪感と恥ずかしさが快感へと変わっていく…。濃厚な愛撫とチ○ポへ奉仕させたあとの満を持しての挿入シーンでは、最初の約束をあっさりと破り極太チ○ポを生ハメされてしまい、獣のように荒々しく突きまくられ、思わず歓喜の声を上げてしまう沙織。その後も体位を変えながら何度も中出しされ、絶頂しながらイッてしまう!

一回きりの約束で許した自宅でのセッ○スを終えてから1ヶ月が経ち、沙織が穏やかな日常を取り戻したに思えたのも束の間。全てを忘れようとした沙織の前に袴田と見知らぬ若い男が現れ…。

第2話 須藤沙織の場合 中編

「ねっとりネトラレ 第2話〜人妻・須藤沙織の場合 (中編)」 ラブホテルの従業員・袴田と逢沢に熟れたカラダを奪われていく沙織。
©瀬奈陽太郎

夫との性行為を盗撮された写真をネタにラブホテルの従業員・袴田から脅され、一度限りのカラダの関係を受け入れた主婦・沙織。一回きりの約束で許した自宅でのセッ○スを終えてから1ヶ月が経ち、穏やかな日常を取り戻した沙織の前に袴田と見知らぬ若い男が現れ、再び肉体関係を迫られる!今回新し加わった逢沢が良い感じのゲスなキャラで、清楚な妻・沙織を下品な言動で追い込んでく様子は興奮度が高い。夫や子供との家族団欒の場で下着姿でチ●ポに奉仕させられるシーンは抜群の背徳感で、2人の男によってじっくりねっとり快楽を仕込まれていく沙織から目が離せない!

夫との義務的なセッ○スとは違い、女として扱われ熱く求められる喜びにハマっていく沙織。許可なくハメ撮りまでされ、逆らう事も出来ずにひとりの雌にされていく…。

第3話 人妻・須藤沙織の場合 後編

「ねっとりネトラレ 第3話〜人妻・須藤沙織の場合(後編)〜」 一度きりの約束を破って何度も自宅で犯され、ついにはAV出演を強要される!
©瀬奈陽太郎

夫との性行為をラブホで盗撮され、カラダを要求された人妻・沙織。一度きりの約束を破って何度も自宅で犯され、ついにはAV出演を強要される!

清楚で貞淑な人妻がセーラー服を着せられ、ローションプレイでソープ嬢のような奉仕をさせられるシチェーションが激エロい。トロトロに熟れたアソコや未開発のア○ルを弄くり回され、カメラの前であられもないイキ顔を晒してしまう!デカ○ンを生挿入された挙げ句にア○ル処女まで奪われ、前後から突かれまくる2穴ファックは最高にヌケます。身震いするほどおぞましい行為の中で、抗いがたい気持ち良さを感じてしまうのは、女として熱く求められるのを沙織自身が望んでいたからかも知れません。

第4話 人妻・須藤沙織の場合 エピローグ

「ねっとりネトラレ 第4話~人妻・須藤沙織の場合(エピローグ)~」 夫の口から語られる妻への正直な想い。
©瀬奈陽太郎

シリーズを通してこれまであまり存在感のなかった夫が、妻・沙織の「寝取られた事実」を知る後日談的なエピソード。あまりに魅力的過ぎる妻に対しての遠慮や自信の無さから沙織とのセッ○スに満足できずにいた夫が、沙織が無理やり出演させられたAVを偶然見つけてしまったことから、溜まった欲望の全てを沙織にぶつけていく!

大勢の男達とのプレイで快楽に狂う妻の姿を知ってしまった事で、妻に対する鬱屈した想いと欲望が一気に溢れ出し、沙織に襲いかかる夫。優しかった夫の豹変に驚きながら、激しい要求にも素直に従う沙織との遠慮の一切ない激しいセッ○スが最高にエロい!フェラ○オで口内射精されて見せるトロンとした表情や、激しい立ちバックで突かれながらスパンキングされて悶える表情に目が釘付けになります。

他の男にカラダを奪われた妻を「寝取り返す」べく、激しいセッ○スに没頭する姿はどこか切なさも感じさせました。翌朝まるで何事も無かったように普通の朝を迎えたふたり。しかしその数日後、妻の口から語られる衝撃の事実とは!

第5話 シンママ・栗花落円花の場合 前編

「ねっとりネトラレ 第5話〜シンママ・栗花落円花の場合 (前編)〜」 自宅を訪ねてきた娘の彼氏・歩夢を一目で気に入ったシンママ・円花。
©瀬奈陽太郎

今回のヒロインは、JKの娘を持つシンママ・円花さん。BL系作品を描く漫画家という仕事柄、可愛い男には目がない様子のママは、自宅を訪ねてきた娘の彼氏・歩夢を一目で気に入り、泣き落としと色仕掛けで寝取ってしまう!心身ともに熟れきったママによるエッチな性の手ほどきはエロさ満点。迫力あるおっぱいを見せつけながら、娘・茉莉花の彼氏の童貞チ○ポをやさしくしごいて射精させ、お掃除フェ○も忘れないサービス精神がたまらない。

まだ彼女と経験のない歩夢の初めてを「ねっとり」と奪っていくママがとても官能的で、母親特有の優しさが感じられて良いですね。スタイル抜群のムチムチボディで、歩夢の精液を残らず搾り取っていく円花の姿には、熟れたカラダを持て余す女の情欲が溢れていました。「娘の彼氏を母親が寝取る」シチュエーションはちょっと意外でしたが、作者の「バラエティに富んだNTR作品を描く」という意気込みが感じられました。

第6話 シンママ・栗花落円花の場合 後編

「ねっとりネトラレ 第6話~シンママ・栗花落円花の場合(後編)~」 娘の彼氏・歩夢との関係は一度では終わらず、娘に内緒で歩夢との淫らな逢瀬を重ねていく…。
©瀬奈陽太郎

で娘の彼氏・歩夢を気に入り、強引な色仕掛けで寝取った円花。秘密の関係は一度では終わらず、娘に内緒で歩夢との淫らな逢瀬を重ねていく…。

漫画の取材にかこつけてラブホへ連れ込み、年甲斐もなくセーラー服でのローションプレイに耽ったり、大人のオモチャで歩夢にエッチなイタズラを楽しむ円花。濃厚なフェロモンを撒き散らしながら欲望の赴くままに年下の男を可愛がるママがイキイキとして楽しそう。若いカラダを堪能した後は、衰えない勃起チ○ポをアナルへ挿入させ、お互い初めてのアナルセッ○スに夢中になっていくふたり。激しいピストンから熱い精液を残らずぶち撒ける直腸射精シーンがエロ過ぎです。

そして、歩夢との秘密の関係が娘・茉莉花にバレてからの展開が一番のハイライト。娘の彼氏を奪ったはずが、逆に娘に寝取り返され、その様子を「復讐」としてビデオ通話で見せつけられる!

円花が涙を流しながら歩夢と茉莉花の初体験を見て悶え苦しむ姿は一風変わった「寝取られ感」が感じられるシーンですね。ギャルっぽい見た目に反して意外としおらしく、彼氏には素直な「あーし」キャラの茉莉花も魅力的で、一度は母親に彼氏を奪われながらも、甘い初体験を遂げた事には何故か微笑ましい気持ちになりました。

普通の「寝取られ」ものだと「彼女」の痴態を見せ付けられた「彼氏」が悶え苦しむパターンが多いですが、これはこれでアリだと思います。設定やシチュエーションがワンパターンに陥ることもある「寝取られ」ものですが、それでもまだまだ埋もれた可能性がある事を感じさせてくれる作品でした。

第7話 くノ一暮葉の場合 前編

「ねっとりネトラレ 第7話~くノ一暮葉の場合~」 しかし、最後の修行として頭領に呼ばれ、暮葉のくノ一としての試練が始まることに。
©瀬奈陽太郎

今回のヒロインは、なんと「くノ一」。幼馴染の忍者見習い・源次郎と将来を誓いあったクールな女忍者・暮葉が、「くノ一」の奥義である房中術を頭領に仕込まれる!

戦闘シーンの出来栄えにも驚きますが、もちろん今回のヒロイン・暮葉も魅力的。スタイル抜群の肢体に、ちょっとエロい「くノ一」の装いがとても似合う。「くノ一」として闘う時の凛々しい姿と、源次郎に見せるお姉さん的な優しさとのギャップが凄くいい。

しかし、元服を前に最後の修行として頭領に呼ばれ、暮葉の忍者としての試練が始まることに。麻煙という催淫効果のある煙をかがされ、凛々しかった表情がトロンとした表情に変わっていく暮葉に、「くノ一」としてもっとも重要な武器である「房中術」を仕込んでいく!

大きな胸をはだけさせ、頭領の魔羅に奉仕させられた後は、自ら女陰を開いて頭領を受け入れていく暮葉。辛うじて理性が残っているのか、源次郎に謝りながら「初めて」を奪われるシーンは興奮度抜群でした。時代背景に合わせてエロ用語が和風になっているのも面白い。セッ○スが房中術、チ○ポが「魔羅」、アソコが「女陰」といった具合で、作品の世界観に合っていて良かったです。

頭領による房中術の仕込みをなんとか耐え、快楽の余韻に浸る暮葉だったが、そこに現れたのは里の男衆達。飢えた大勢の男達に囲まれた暮葉の運命は・・・。

第8話 くノ一暮葉の場合 中編

「ねっとりネトラレ 第8話〜くノ一暮葉の場合 中編〜」 頭領の命令には逆らえず、里の男衆全員とまぐわうハメに陥ってしまう暮葉。
©瀬奈陽太郎

幼馴染の忍者見習い・源次郎と将来を誓いあったクールな女忍者・暮葉が、くノ一の奥義である房中術を頭領に仕込まれる!頭領による房中術の仕込みをなんとか耐え、快楽の余韻に浸る暮葉だったが、そこに現れたのは里の男衆達。飢えた男達に囲まれた暮葉に逃げ場はなく、里の男衆全員とまぐわうハメに陥ってしまう…。

密かに将来を誓い合った源次郎はまだ元服前だったので参加が許されず、好きな男以外の種を受けなければならないという絶望に打ちひしがれる暮葉。そそり立った魔羅に囲まれ、まずは挨拶代わりの奉仕をさせられる。くノ一姿からはだけた素肌に精液をたっぷりとぶっかけられ、惚けた様な表情がなんともエロティック。「一番強い子種で孕む」掟のもと、男衆は我先にと暮葉にむらがり、自分の子種で孕ませようと競って種付けしていく!

子供の頃から可愛がってもらっていた老人や、源次郎の兄にまで熱い精液を注がれる展開は「寝取られ感」たっぷり。何度も胎内に子種を注がれ続け、朦朧としながらも源次郎を想う姿が切なく悲しい。そして、暮葉の出生が明かされるシーンも注目のポイント。実の父親だと思っていた男から自分の出生の秘密を聞かされ、抗えない里の掟に翻弄されていく…。

第9話 くノ一暮葉の場合 後編

「ねっとりネトラレ 第9話~くノ一暮葉の場合 後編~」 暮葉の痴態を覗き見していた源次郎は捕らえられ、暮葉の母によって「悦楽の極み」を教え込まれていく!
©瀬奈陽太郎

「ねっとりネトラレ・くノ一」シリーズの完結編。幼馴染の忍者見習い・源次郎と将来を誓いあったクールな女忍者・暮葉が、くノ一の奥義である房中術を頭領に仕込まれる!

里の男衆全員とまぐわうハメに陥ってしまった暮葉。子供の頃から可愛がってもらっていた老人や、源次郎の兄にまで熱い精液を注がれたうえ、実の父親だと思っていた男から自分の出生の秘密を聞かされ、抗えない里の掟に翻弄されていた…。

一方、暮葉が里の男達に奉仕している現場を覗き見していた源次郎は捕らえられ、暮葉の母・静葉によって「悦楽の極み」を教え込まれていく!愛する暮葉が目の前で里の男達の「慰み者」となる姿を見せ付けられながら、自分は他の女に悦楽を与えられるという耐え難い屈辱。しかし、熟練のくノ一・静葉の舌技には抗えず、怒張した魔羅を弄ばれ筆おろしされてしまう…。

暮葉が奪われて喪失感を味わう源次郎と、源次郎が男となるのを見せ付けられ悲痛な表情を浮かべる暮葉。愛し合う二人がお互いに「寝取られる」シチュエーションがたまらない!そして、源次郎に与えられた唯一のチャンス。静葉の攻めに耐えられば暮葉と目合う事を許されるが、経験の浅い源次郎に耐えられる筈もなく、あっけなくイカされ暮葉と結ばれる事なく、やがて里から姿を消してしまった…。

第10話 百合JK 五十嵐瑞希の場合

「ねっとりネトラレ 第10話~百合JK 五十嵐瑞希の場合~」 愛し合う二人の美女が、竿役の登場で複雑な三角関係に巻き込まれていく!
©瀬奈陽太郎

放課後の部室で熱いキスを交わす百合JKカップルの心瑚と瑞希。密かに心瑚を狙っていた佐久間は、キス現場の盗撮写真で二人の仲を引き裂こうとするが、逆に瑞希に襲われて…。

竿役の男がちょっとヌケていたり、ヒロイン二人も天然なキャラでギャグ要素が多めながらエロシーンは濃厚で満足出来ます。「寝取った」のか「寝取られた」のかよく分からない、3人の複雑な関係の行く末は…!?

第11話 義姉・朱里と杏樹の場合

「ねっとりネトラレ 第11話〜義姉・朱里(あかり)と杏樹(あんじゅ)の場合〜」 初めてできた彼女に浮かれる雅史だったが、二人の義姉にちょっかいをかけられ童貞を奪われる!
©瀬奈陽太郎

初めてできた彼女に浮かれる主人公・雅史。
しかし、最近家族となった二人の義姉にちょっかいをかけられ、女の味を覚えさせられたあげく童貞を奪われる!彼女からの連絡もスルーし、雅史は義姉たちとの肉欲に溺れていくのだった…。

ショタっぽさの残る弟キャラの主人公が寝取られる、おねショタ風味の「逆NTR」系ストーリー。欲望丸出しの義姉二人によるねっとり愛撫で、一晩中汗だくセッ○スとか、羨ましいとしか言いようがないシチュエーションですね。

付き合い始めたばかりの可愛い彼女を裏切って、義姉達との肉欲に溺れるのも無理のない話です。経験のない主人公がふたりのヒロインにセッ○スを仕込まれ、汗まみれで混じり合う気持ちよさが伝わってくる作品でした。

著者のレビュー記事一覧はこちら»

FANZAならスマホでも「アプリ」で快適に電子書籍が読める!»

[出典/関連リンク] FANZA / DLsite / とらのあな / メロンブックス [作者情報] twitter / pixiv / ウェブサイト

FANZA関連作品